モナコ公国の基本情報|モナコで開催されるF1を見に旅行へ行こう!
ロゴ

モナコの基本情報などをご紹介します

世界で2番目に小さい国、モナコ。

モナコはフランスに囲まれた、世界で2番目に小さい国です。南フランスの地中海に面しており、美味しい食材が採れ、景色もとても美しいです。そんなモナコについての魅力をいろいろとご紹介していきましょう。

モナコのイメージと言えば・・・

F1グランプリの開催国

やはりモナコと言えば、F1グランプリの開催国。モナコでのF1グランプリは世界三大レースの一つとも言われています。また、毎年たくさんのF1グランプリの観客を動員し、注目を浴びます。モナコの人口はだいたい3万人なのに対し、モナコグランプリの開催になると20万人がモナコに足を運びます。

お金持ちが多い

モナコは税金が安いことで有名です。また、所得税や相続税、市税もお金がかからないため、世界中の大富豪が集まってきて、移住するケースが増えています。しかし、モナコ国籍を取得するのも困難で、数千万の貯金を証明しないと住むことが出来ません。

グレース・ケリー

モナコのレーニエ3世に嫁いた、世界的女優のグレース・ケリー。人気女優が一国の公妃になったということで話題を呼び、現在では二人のご子息がモナコ公国を統治しています。

モナコ公国の基本情報

レース

モナコで見れる景色

モナコは毎年たくさんの観光客を動員します。モナコと検索すれば、豪華な建築物が海の近くに立ち並び、とても美しい写真がたくさん出てきます。
モナコの建築物は洗練されていて、とても上品なものが多いです。街並みも綺麗で、写真を撮るには素晴らしい素材があちこちにあります。

フランス語を喋る

モナコの公用語はフランス語です。なので、街の至る所でフランス語が聞こえてきます。理由はモナコ公国の周りにはフランスがあるからです。それから、イタリア人が多く住んでいることもあり、イタリア語も頻繁に飛び交います。実際にはモナコ語も存在しますが、実生活ではほとんど聞くことはありません。しかし、モナコの学校ではコナコの歴史と共にモナコ語を学びます。

ビザ

日本人がモナコで観光旅行をする場合、6ヶ月有効なパスポートがあれば、基本的にビザは必要ありません。居住目的であれば、日本にあるフランス領事館へ行きフランスのビザを取得し、モナコの警察に行くことで切り替えをすることができます。

モナコは安全?

モナコの安全を守る警察官は500人にものぼります。またモナコには国中あらゆる所に監視カメラが設置されています。またモナコにはインターポールの事務所があるので、国際的犯罪の取り締まりにも力を入れています。
また、モナコでホテルに泊まる際には必ずパスポートを提示します。そしてホテルは宿泊客リストを毎日警察に渡します。しかし、最低限の防犯をしないと、カメラの視覚を狙って犯罪が起きたりしますので、きちんと防犯も忘れないようにしましょう。

通貨

通貨は現在ユーロが使われています。以前はフランスフラン使用していました。モナコが発行したユーロはコレクターが買占めてしている為、まず発見するのは難しいです。以前に使用されていた、モナコ発行のフラン硬貨もコレクターに収集されています。

広告募集中